人間って同じような人と付き合うから、加奈子さんは経営者の息子や娘達と付き合っていた。
僕は会社員の息子や娘達と付き合っていた。
僕には加奈子さんは高嶺の花だった。

そして大学を卒業して、僕は公務員になった。
これと言って行きたい会社は無かった。
だから安定を選んで公務員にした。
市役所勤めになった。

ある日、2時間ぐらい残業をして帰りの電車に乗っていた。

電車の中

あれ、加奈子さんじゃないか。
僕は電車の中に加奈子さんの姿を見つけた。

電車が止まったら、加奈子さんは降りていった。
僕も後を追うように降りた。
僕の最寄り駅は1つ先だったが、僕は彼女を追いかけて話したかった。
懐かしかった。