誠也と千鶴子は会えない日が続いた。
そして1か月ぐらい経ったとき、誠也からLINEで(まとめて休みを取るからカナダに行く、一緒に行かないか?)と送って来た。

千鶴子は(行きたい)と返信した。
2週間ぐらいカナダに行く予定だ。会社に休みを申請しないといけない。
両親にも話した。
母は(婚前旅行なんて、女は安っぽく見えるからやめた方がいい)と言った。

怒る

父は母とは全く反対意見だった。
深い仲になった方が、さっさと結婚を勧められる。
婚前旅行から帰って来たら、もう結納の日や結婚式の日を決めたらいいと言った。
婚前旅行までしたら、結婚は断れないからと父は言った。

母も(そうだね、誠也さんは売れっ子になったから、他の女も目を付けるかもしれないから、早く結婚させた方がいいかもね)と言った。

誠也に両親はカナダから帰って来たら、1か月後に結納で4か月後に挙式と条件を付けて、千鶴子のカナが行きを認めた。
誠也も承認した。

もし週刊誌に婚前旅行がバレても、婚約者と千鶴子の事を誠也に言ってもらう事にした。
こうして二人のカナダ行きは決まった。
バカンスで行くのだが、誠也はカナダの雄大な風景も撮る気だ。
千鶴子の写真も合わせて撮りたいと誠也は思っていた。